2013年06月09日

大森浜をぶらり散歩

「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる」
(とうかいの こじまのいそのしらすなに われなきぬれて かにとたわむる)

これは、石川啄木が函館の大森浜を思い浮かべながら詠った歌だそうです。
啄木は函館の暮らしがたいそう気に入っていたようで、「死ぬなら函館で死にたい」とまで思っていたそう。実際に生活していたのはわずか4か月ほどの短い期間だったのですが、そこまで言わしめるほどの魅力が函館にあったんでしょうね。私にもわかります!(笑)

さて、啄木が思い馳せた大森浜。
昨年の6月にお散歩してきました。
ちょうど宿泊先が宇賀浦町の「シーサイドホテルかもめ」だったので、すぐ真裏が大森浜!
ということで、ホテルの裏から湯の川方面に向かって、海岸をお散歩したのです。

ウミネコもお散歩中
大森浜のウミネコ.JPG

函館山も見えます
大森浜からの函館山.JPG

これは地球の把手か?「Dr.スランプ」のアラレちゃんが引っ張ったら、地球が引っくり返るかも!(笑)
大森浜の把手02.JPG

遠くに漁船が見えます。その向こうは本州の地
大森浜に浮かぶ漁船.JPG

夜明けの景色です
大森浜の夜明け.JPG

あまり散歩をしている人はいないのですが、何となく心落ち着いていい場所でした。
子供みたいに砂浜を探検して、色ガラスが波の力で変化した丸い石を見つけたりして楽しみました。結構、自然のお宝探検って楽しいですね!

私が歩いた海岸線を並行して走る漁火通。名前の通り、季節によってはイカ釣り漁船の漁火が見えるそうです。夜のお散歩も素敵かもしれませんね。ただし砂浜なので、歩いてて靴に砂が入ったり、足を取られたりすることは覚悟して行って下さい。(笑)
お散歩に疲れたら、この近くの漁火通は「函太郎グループ通り」(←私が勝手に命名した)なので、「グルメ回転ずし函太郎」「Pizzeria AMORINO(アモリーノ)」「とんかつ かつきち」などで空腹を満たすといいかもしれません。アモリーノのピザは美味しかったなぁ。
posted by 玉乃ターマ at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

ベア・ドゥの多機能ボールペンはビジネスの友!

私の大好きなエア・ドゥの機内販売。
今回は、4月から販売されている多機能ボールペンをご紹介。

多機能ボールペン表.JPG
多機能ボールペン裏.JPG

"Have a nice flight"
ナイスフライト柄.JPG

旅行グッズとかわいいベア・ドゥのお顔が描かれています
ベアドゥ柄.JPG

エア・ドゥの機内販売サイトでは表示されていないのですが、この多機能ボールペン、パイロットのドクターグリップなんです!
4色ボールペン+シャープペンシルで500円(税込)。
かわいいベア・ドゥが描かれていてこのお値段は安いっ!
書き味もとてもよろしく、これはもうビジネスの友!
会社で辛い目に遭っても、このボールペンに描かれたベア・ドゥの笑顔を見れば、どんな困難も乗り越えていけそうです!(笑)

エア・ドゥ 機内販売サイト
posted by 玉乃ターマ at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

函館で黒毛和牛A5ランクを味わう!

4月のゴールデンウィーク直前に函館出張へ行ってきました。
今回は一人での出張だったため、夕飯をどうしようか悩んでいたのですが、出張先で一緒になった人が同じホテルに泊まることが判明!
当初、”お一人様”ということで諦めていた「しゃぶしゃぶ あさり」に同行していただくことになりました。

東京人の私、「全国の美味しいものは東京に集まるんだから、お肉をわざわざ函館で食べなくても…」と思っていました。
でも、「しゃぶしゃぶ あさり」は前評判が良く、また宝来町にある「阿佐利精肉店」というお肉屋さんが経営しているということもあるので、「自分の舌で確かめなくては!」と考えました。

お店は函館市電の五稜郭公園(野村證券前)電停からすぐの所にあります。
予約せずにいきなり行ったのですが、すぐに中へ通してくれました。
メニューを見まして、一番上のクラス「特選黒毛和牛のしゃぶしゃぶセット 4,800円(税別)」を注文しました。

まず初めに持ってきたのが、しゃぶしゃぶ用の銅鍋。ピッカピカに磨かれています。
銅のしゃぶしゃぶ鍋.JPG

「タレはポン酢とごまだれがありますが、いかがなさいますか?」と女給さんに聞かれたので、「両方お願いします!」と言ったら、快く応じてくださいました。薬味も一緒に運ばれてきます。
ポン酢とゴマダレ.JPG薬味.JPG

さて、いよいよお待ちかね!
お肉とお野菜が運ばれてきました!(ともに二人前)
お肉は黒毛和牛A5ランクです!見事なサシが入っています!
枚数もたくさん!1枚1枚が大きいです!
A5黒毛和牛二人前.JPG野菜二人前.JPG

「こちらのお肉は、以前はお刺身で出していたものなんです。今は規制で、お刺身では出せなくなってしまいましたが…。生でも食べられるクラスのものですから、軽くしゃぶしゃぶして召し上がってください」との説明を受け、最初の2・3枚は出汁用にしっかりしゃぶしゃぶしましたが、その後はかる〜くしゃぶしゃぶしました。

「う〜〜〜ん!美味しいっ!」と叫んでしまった私!
いやぁ、さすがA5ランク!大きいお肉をしゃぶしゃぶしても縮み率が低いうえ、脂臭さがありません!
しかも不思議なことに、灰汁が出ないんです!
美味しくて美味しくて、どんどん箸が進みます!
お野菜たちも投入して、A5ランクを堪能させていただきました。

お肉と野菜がなくなるころ、次の選択肢は「ごはんで雑炊orきしめん」。
”お一人様”だと、どちらかしか選択できませんが、今回は二人だったので、ごはんときしめんを一人前ずつ頼みました。
先にきしめんをいただき、次に雑炊です。
きしめんも雑炊も女給さんが調理してくれるので、こちらは楽チンです。
出来上がったきしめんと雑炊ですが…。
すみません!m(__)m
食べるのに夢中で写真を撮り忘れました!(T_T)

最後のデザートはアイス。バニラor抹茶を選択できます。
今回は和風に抹茶のアイスをいただきました。(これも写真なし)

「余は満足じゃ〜!」と殿様気分で楽しめました。
当初は「函館でしゃぶしゃぶなんて…」と考えていましたが、もうこれからは函館に来るたびに寄らせてもらうかもしれません。
だって、A5ランクの黒毛和牛とお野菜とごはんorきしめん、そして〆のデザートのアイスまでがついて、5,000円ちょいですよ。
「東京だったら、倍の値段するよね〜」と、同行していただいた方と頷きあった次第です。

後日、東京に戻ってから、この件の話をしたところ、家族から東京・人形町にある有名なすき焼き店の支店での値段を聞いてビックリしました。
そのお店では、お肉の数がなんと「3枚」。それも、別にA5ランクというわけではないらしく、その他一通りのものがついて、お値段は7,500円以上!
まぁ、東京の場合、店舗のテナント料とかが高いという事情もあるのでしょうが、お肉の枚数があまりに少なすぎ!とてもじゃないけど、お肉を「堪能する」ことはできませんよねぇ。
ますます、「函館に行ったらA5ランクを楽しもう!」という気分になりました。
絶対行くこと、お勧めです!

しゃぶしゃぶ あさり
あさりの店舗.JPG

posted by 玉乃ターマ at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。