2013年06月05日

どうせならジャンボクラスのカニを買おう!

このブログでは、何度もカニをご紹介しております。
坂田商店の若社長ゆうちゃんの見立ては素晴らしいので、いつも大きいカニさんを送ってくれます。

タラバガニ、3s超クラスです。下にあるのは50センチものさし。
タラバガニ.JPG

毛ガニ、1sクラスです。下はものさし。30センチ以上を占めている。
毛ガニ.JPG

いっつも写真を撮って思うのは、「あまりにジャンボすぎて、写真で迫力が伝わらない!」ということ。
単に私の写真の腕が悪いだけなんですけど…。(>_<)

テレビアニメの「HUNTER×HUNTER」が好きな子供に、「キメラアントのカギ爪だ。この大きさからすると本体は2メートルはあるだろう…」って、タラバの一番下の脚の先っぽを持ってキルアの真似して言ったら、冷たい目で見られた。(T_T)
タラバガニの爪.JPG
※このネタは、一部の人にしかわかりませんよね…(^-^;

若社長ゆうちゃんとの合言葉は、「超ジャンボクラス!」(笑)。
どうせカニを買うなら、東京では手に入らないジャンボクラスのものがお得だと思います。
小さいものより食べやすいし、解体するのも楽だし、なんといっても美味しい!

次回は、自宅で「カニ解体ショー」を行う人向けの便利グッズをご紹介いたします。
お楽しみに!(笑)
posted by 玉乃ターマ at 23:37| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

「花咲ガニ、いつ食べるの?今でしょ!」

いやぁ〜、サッカー男子日本代表サッカーがブラジルW杯出場を決めましたね!
オーストラリアに先取点を取られ、一時期はどうなるかとヒヤヒヤしましたが、本田が左足でPKを決めてくれた時には、思わずガッツポーズをしちゃいましたよ!
ブラジルW杯出場おめでとう〜!( ^-^)/:★*☆オメデト♪

と、全く違う話で始まってすみません。
ついさっきまで、テレビにかじりついて見ていたもので、その興奮がまだ冷めやらぬ状態であります。

さて本題。
実は今月も函館に行くのですが、どうしても6月に行きたい理由が一つあります。
それは、とっても美味しい花咲ガニ!
「花咲ガニ、いつ食べるの?今でしょ!」と、話題のノリでお勧めしたくなる逸品です。
本当に、食べるなら「今!」なんですよ。
実際には9月頃も花咲ガニは売られているんですが、お馴染みの坂田商店の若社長・ゆうちゃんによれば、「美味しいのは6月」とのことでした。

初めて花咲ガニを食べたのは、去年2012年の6月のこと。この花咲ガニが縁で、坂田商店さんとのお付き合いが続いているんです。(笑)
「カニはいかがですか〜?」とゆうちゃんに声をかけられたのが始まり。
坂田商店の前を通ったのは偶然だったのですが(この時、私は坂田商店のお隣の「弥生水産」を目指していた)、ゆうちゃんの声かけに、つい足を止めてしまった私と同行者。
坂田商店の前には、大きな水槽があって、タラバガニがたくさん入っていました。
「さっき、別の店で大きいタラバと毛ガニを買っちゃったんで…」と答える同行者。
「じゃ、お客さん。奥にさ、今日、特別に入ったでっかい花咲ガニが2匹あるんだけど、見るだけでいいからさ。見てってよ!」とゆうちゃん。(商売上手いなぁ〜!)

「花咲ガニ?」と、タラバと毛ガニしか頭になかった私には未知の生物(!?)だったのですが、それもそのはず、東京では高級料亭で「脚」が「ちょこっと」しか出ないものだそうです。(同行者談)

早速、花咲ガニを見せてもらうことに。確かに、大きくてタラバとは違うカニがいます。
「これ2匹とも持っていかない?」とゆうちゃんは勧めてくれましたが、さすがに既にタラバと毛ガニを買っていたので、そんなには食いきれません。
「うーん、1匹だけちょうだい」と同行者。

ということで、送ってもらった茹で花咲ガニがこれです。

花咲ガニ。鮮やかな赤色で、トゲトゲしています。
花咲ガニのアップ.JPG

これで大きさがわかるかな?下にあるのはキッチンばさみ。
花咲ガニ.JPG

食べてみてびっくり!毛ガニの味の良さと、タラバガニの食べ応えの良さを足したような食感です!
花咲ガニがこんなに美味しいとは〜〜〜〜〜〜!
\(◎o◎)/!


あっという間に大人二人で完食です!
こんなことなら2匹買っておけばよかった〜!(T_T)

後日談。
あまりにも美味しかったので、9月のあたまに函館へ行ったとき、坂田商店に寄りました。
その頃、函館朝市のあちこちで「花咲ガニ」が売られていました。
「今回は絶対2匹買って、一人で1匹食べてやる〜!」と気合を入れてゆうちゃんの所に行ったのですが…。
「今の季節のは美味しくないから、また来年にした方がいいよ」とのこと。
そう、ゆうちゃんは本当に美味しいものしか売ってくれないのです。<(`^´)>
「さすが…。それこそあんた、本物の商売人だよ…。」と感動した私。
そして、2013年6月のリベンジを強く誓ったのでした。 チャンチャン♪

※最初に目指していた「弥生水産」。私は未だに辿りついていません。(笑)
posted by 玉乃ターマ at 23:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

6月は6にちなんで「六花亭」

あ〜、気づいたら今日から6月…。
忙しくてブログ更新ができなかったら、あっという間に2か月近くたってしまいました。
結果的に、サボってしまってスミマセン。m(__)mひらに〜ひらにっ!

決して、上記タイトルのために6月まで更新を延ばしていたわけではありません。
タイトルに則すなら、5月中に「5月は5にちなんで五稜郭」、7月は「七飯町(ななえちょう)」にちなんだ記事をアップしなきゃならなくなる…。( ̄~ ̄;) ウーン

さて本題。
五稜郭公園の入口から歩いて5分強程の所に、「六花亭 五稜郭店」があります。
ここは六花亭の直営店でして、お菓子類の品揃えも豊富ですし、なんといっても喫茶室を併設しているのが嬉しいところです。

では、六花亭の喫茶室を目指しましょう。
五稜郭公園入口を背にして、一方通行の道をひたすら歩き、大通りに出たら右へ。しばらく行くと、看板が見えてきます。

大通りに面して出ている看板
六花亭道路の看板.JPG

看板を見つけたら、すぐそこは六花亭五稜郭店の駐車場となっています。駐車場の奥に見える建物が店舗です。この建物、よく美術館と間違われるそうです。(笑)
六花亭の駐車場.JPG

駐車場を縦断して建物に近づくと、営業時間の案内看板があります。
六花亭営業時間案内.JPG

更に通路を奥に進んで、ようやく店舗の看板が見えてきます。
看板の下では、看板犬がお出迎えです。
六花亭入口看板.JPG六花亭看板犬.JPG

入口を入りますと、手前側が喫茶室エリア、奥が販売エリアになっています。
喫茶室担当の方が少ないので、席まで案内してもらうのにちょっと時間がかかりました。
テーブルは少々小さめです。椅子も余分はないので、大荷物を持っていくと辛いところ。この時、丸井今井で買い物をした袋を持っていたので、少々難儀しました。

さて、席に着いたらメニューをガン見!(笑)
レギュラーのメニューと、季節限定のスイーツメニューがあります。
(詳しいメニューはこちら
う〜ん、いろいろ食べたいけど…。悩みに悩んだ末、私は季節限定の「苺のミルフィーユ」、同行者は「チョコレートパフェ」を選択しました。それとおまけに、「雪こんチーズ」を注文。

苺のミルフィーユ
六花亭苺ミルフィーユ.JPG

チョコレートパフェ
六花亭チョコレートパフェ.JPG

雪こんチーズ
六花亭雪こんチーズ.JPG

苺のミルフィーユ、超美味しかったです!バニラビーンズの入ったカスタードクリームが新鮮な苺と絡み合い、サクサクとしたパイ生地がまた絶妙なハーモニーを生み出していました。
「チョコパフェも美味しかった」と、同行者は言ってました。
雪こんチーズも美味しかったです。これはレアチーズケーキをココアビスケットで挟んだものなんですね。150円というお値段も魅力です。(笑)

ちなみに、喫茶室のコーヒーは無料です。端にコーヒーサーバーが置いてあって、セルフサービスとなります。お代わり自由!私もコーヒーにミルクと砂糖を入れていただきました。
六花亭のコーヒー.JPG

美味しい物を食べて一服したら、やっぱり販売エリアも見なくては!そうそう、喫茶室のお会計は、販売エリアのレジでお支払いなので、お土産の買い物とまとめて支払できます。
レジの後ろに広がる大きな窓からの五稜郭公園の眺めは、とても綺麗です。
桜の咲く季節は圧巻でしょうね。

六花亭窓ガラス.JPG
posted by 玉乃ターマ at 23:45| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。