2013年07月03日

阿佐利本店ですき焼

今回の出張で気合を入れていたのが初日の夕食!
宝来町電停の側に宿泊だったので、阿佐利本店で念願のすき焼を食べることにしました。
阿佐利と言えば、精肉店の店舗で販売する「コロッケ」が超有名で、ランチの場合はコロッケが一緒に付くのですが、夜のメニューでは載っていません。
ということで、事前に夕食の予約を入れ、その際に「コロッケも一緒に出してほしいんですが」とお願いしておきました。

ホテルから歩いて阿佐利本店へ。年季の入った玄関口が期待度ア〜〜〜〜〜〜ップ!
店舗の前の通りは「あさり坂」
阿佐利店舗.JPG

靴を脱いで、二階の和室に通されました。
床の間のある立派な落ち着いたお部屋です。
室内の床の間.JPG

床の間に置物。鹿の角が折れて脚元に置かれています…。
床の間の飾り.JPG

予約をしていたので、テーブルは準備されています。お箸とペーパーナプキンの下になった器には、既に割られた卵が!\(◎o◎)/!
事前準備.JPG

メニュー拝見。やっぱり頼むのは特選上級和牛ロースの「松コース」でしょう!
阿佐利すき焼メニュー.JPG

すき焼のお仕度の間に、予約していた前座のコロッケが来ました。
ここのコロッケは衣のパン粉が細かく、外はカリッとしているのに中のじゃがいも・玉ねぎ・ひき肉のトリオはジューシーで美味しかったです。
阿佐利コロッケ.JPG

そして、真打のA5ランク特選上級和牛ロース3人前登場!
阿佐利すき焼肉三人前.JPG

すき焼は仲居さんが調理してくれます。
牛脂で鍋に油を広げたら、最初に投入したのがなんと「しらたき」!\(◎o◎)/!
関東とも関西とも違う調理手順にびっくりしました。
しらたきを油で炒めたら、他の野菜(玉ねぎ・筍・三つ葉・しいたけ・豆腐・春菊・ネギ)を入れ、その上を肉で覆ってから割り下と鶏のダシを投入。
すき焼01.JPG

肉の色が変わったら食べごろです。
すき焼02.JPG

ご飯はお代わり自由でしたが、大食い一家は1人前ずつでは満足できず、肉を2人前追加しました。

そして〆はきしめん2人前を追加注文!
〆のきしめん.JPG

最後にデザートのスイカが出てきました。
デザートのスイカ.JPG

大人3人で一人あたり7,000円ほどの夕食となりましたが、東京の「今〇」で食べる肉の量に比べればずっと多いので、とても満足いたしました。

ただ、難点がひとつ。ここ阿佐利の精肉店側の目の前は函館市電が走っているのですが、その市電が走るたびに建物がものすご〜〜〜〜く揺れるんです!
そう、まるで大きな地震みたいに…。東日本大震災で震度5強を体験した私としては、ちょっと恐怖!市電の走る音が地鳴りみたいに響くので、余計に不安な気持ちにさせてしまうんですね。
まぁ、揺れの原因がわかってはいますから、食べてるうちには慣れますけど…。
食欲の前では、恐怖に打ち勝てるものなんですね!(笑)

阿佐利 すき焼(食べログ)
posted by 玉乃ターマ at 23:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368232425

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。